読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽と好きなものと

ドラムと歌と色々と

横綱に比類する存在に心当たりがない

f:id:rollup:20170125235405j:plain

僕は昔から相撲が好きです。祖母の影響です。そう言えばプロ野球が好きなのも祖母の影響だった。今日は所用で実家に寄ってから帰りまして、ちょうど実家のテレビで稀勢の里関の横綱昇進のニュース映像を見ました。おめでとうございます。

 

ニュース映像を見ながら、日曜日の、優勝が決まった後の千秋楽の一番を思い返していました。あの勝負は、本当に大事な一番だったんじゃなかろうかと夢想しながら。負けていたら横綱になれたなれなかったとか、そういうことではなく、その先の稀勢の里関の器が問われた戦いだったんじゃないかと。

勝った負けたの世界で生きている者は、その世界で絶対に勝たなければいけない勝負。というものがあるそうです。ただ純然たる勝負のために、勝負が出来るかどうか。恐らく「成績」とは別に、生涯で絶対に勝たなければいけない一戦のひとつだったんじゃないか。そんなふうに思いかえしていました。

 

横綱は相撲チャンピオンではありません。その昔力士の最高位は大関だったと聞きます。横綱は最高位の上。すなわち神に最も近づく存在。

嬉しいなあ。稀勢の里はついに僕の中の稀勢の里を超えていった。