音楽と好きなものと

ドラムと歌と色々と

いい朝を

f:id:rollup:20161228171657j:plain

休みの日は夕方から深夜までひたすら寝て、あるいは深夜から夕方までひたすら寝よう。再びベッドに倒れこんで、詩人達の言葉で遊ぶ。そういていると、日常と、そして罠と、克明に分かつものが少しずつ近づいていく。もう少しできっと橋を架けられる。しばらくすると町が目をこすりだす。急げ。僕は先んじてお湯を沸かす。いつもならエスプレッソ。でも今日は紅茶がいい。新鮮なダージリンが手に入ったんだ。湯気の向こうは外の世界。TVの中の人間は今日も一心不乱によく喋る。SNSには無粋な評論家が詰まっている。でも今日はそれどころではない。今になって気になる、あの曲を聴こう。不整脈のように、数学で割ることを拒否するようなベースライン。どうか僕をもっと朝にしてほしい。少しずつ生活を思い出す。解決できないことがある。でも、考えてもみなかった幸運で、きっと今日も生きている。どうしようもない僕だから、どうしようもない世界が愛しい。そう、今日はいい気分なんだ。少し得意げな顔をして、カレンダーの中で、今日は毎日輝いている。


いい朝を