音楽と好きなものと

ドラムと歌と色々と

夜のバランス

 

今週はドラム演奏のちょっとしたお手伝いをした。

ピアノ演奏の後ろで叩いたんだけど、やっぱり真摯な演奏というのはいいものだ。あの夜はエレクトリックギターをぶっ放す音よりも、クラシカルなピアノは確実に大きな音で鳴っていた。

 

そんな独断で結論付けた夜、知り合い達と店に入った。僕にはガラになく少し落ち着いた店。けどその夜の面子には似合う店。しかし見せかけの紳士は、大概がお酒の飲み方を知らないから始末が悪い。その場に居たふたりが徐々に口論になっていった。

 

大まかに言うと、

「〜〜〜のことで偏見や差別はするな」と言う。

「〜〜〜のことでどう思うかは自由だ」と言う。

結局どちらの意見も独断で、それは人間の善にも悪にも転ぶ強力な自我。僕も当然すべてに公平な訳ではないし、公明正大ではない。さっきまでのように勝手に独断でいい気分になっちゃうし。

ただ、自分の意思で選択したものについては、何かに決めつけられる対象になる可能性は受け入れるべきだと思うけど、先天的なものや本人の意思に基づかないもの、生まれた国、地域、病気、事故、などについては、まったく別のものだと思う。

 

そんなこんなで紳士改め酔っ払いを引き剥がして店を出た。帰りの方向が一緒の女の子がいた。アルバイトの20歳の学生さんだそうだ。お酒は2度目とか。ちょっとした騒動だったけどやっぱり緊張したそうだ。無理もない。他愛もない話をしながらも、酒は楽しく飲むものと示すことが年長者の義務だと心得た。

 

これくらいの夜はちょうどいい。秋はより一層自由なんだと感じて、家で久しぶりにキーボードを繋いで弾いてみた。

 

調子外れの演奏だ。酒のせいだろう。

 

ふたりの友達

海外で仕事をしている友達が仕事の整理やら挨拶やら雑用やらで一時帰国している。彼と去年亡くなった共通の友達の墓参りに行った。彼女が亡くなった時、彼は日本にいなく、花を手向けた後、「やっと来れたな」小さい声で言った。

 

彼は僕や彼女と違って、周りの人間や、社会、世の中を敵としない男だ。一言で「晴れ」の男。明るくておおらかで理知的だ。僕らは仲は良かったけど、当然、羨望のほかに少しの嫉妬があった。一方僕ら(特に僕は)「曇り」だった。僕も彼女は彼のように生きられないことは自覚してたし、それでもそのままで生きていけるような気がしていた。彼女は好奇心が強く、いろんなことを始めては挫折したり時々続けていたりしてた。「器用なやつはいいよな」とか言いながらも、彼女は彼が好きだったろうし、僕はふたりが好きだった。「そのままでいるためには変わらなきゃならない」そういうようなことに気がついた後、彼女は世の中と折り合いを付けるため努力し、僕は逃げた。長く会っていなかった彼女が亡くなった知らせを聞いて、確かめなかったことを悔やんだ。彼女にとって世の中は楽しいものになったのか。それは彼女が聞いてほしいことだったはずだし、それは自分への問いでもあったから。

 

彼はまたすぐ日本を出るようだ。次に戻る予定はないらしい。コーヒーを飲みながら、なぜ彼が日本を出たのか本当の理由を聞いた。その話を聞いて彼も決して平気な顔をして人生と折り合っていたわけではなかったことを知った。ネットワークで繋がってこんなに狭くなった世界だけど、ふと、もう会えないかもしれないと思った。それから僕も自分の話をした。彼にとっては取るに足らない話だと思ったが、彼は昔どおりの笑顔でゆっくり言った。「相変わらず曇っているが、君はそこから晴れるのも、雷を落とすのも、いつも勝手にやってたじゃないか」それからしばらく話をして、そこから一杯飲みに行くつもりだったんけど、そこで別れた。お互いそこがちょうど良かったんだと思う。

 

いろいろ勝手に書いてごめんな!

 

きっと今夜の東京も楽しいことがいっぱいだ。だけど僕には今の雨はふさわしい。そんな風なことも言わせてくれ。

ありがとう。さようなら。

 

8月の思い出

これを書いている現在、関東地方はすごい風です。恐らくここより北はすごい風どころではなく、関西は大変なことになっているみたいです。人災すら防げない僕に天災に抗う術などなく、風ですら無用の外出は控えようと思うくらいですが、それでも外出しなければならない方もいるのでしょう。どうか無事でいてください。

ただきっとこの台風が過ぎれば秋めいてくるのでしょうね。時計の針も霞むほどの暑さでしたが、僕は夏が最も好きなので、それはそれで寂しい。秋になる前に記録しておこうと思います。

 

8月はライブは2本。22日にU.F.O.CLUBに初めて出演させていただきました。自分の中ではドカッとやった感じで、まだ音を聴いてないのでわからないですが、たぶんそんな感じだったと思います。スタッフの方も親切にしていただき嬉しかったです。24日に大塚MEETS。出演のバンドが、バンドのルーツ楽曲をカバーするという趣向のライブでした。我々はパブロックを1曲カバー。個人的にはルーツだ!と言える楽曲というのは本当に難しく、ただ改めてそういうことを真剣に考えてみるきっかけとなりました。ライブに来ていただいたお客様、ありがとうございました。9月はレコーディング予定です。

 

恒例の高円寺の阿波踊りでは久しぶりに友達夫婦と会いました。聞けば祭りと知らずたまたま買い物に来ていたとのこと。人混み嫌いの僕としては、よりによって最も混雑する日に。。と若干同情していたのですが、阿波踊りをはじめて観れて楽しい!とのことだったのでよかったよかった。(いつも阿波踊りを観る際にお邪魔するルック商店街の古着屋、温古着新さん。今年もありがとう)その後別の友達を交え、ごった返すガード下の飲み屋へ。あの放心状態の町はあの夜しか味わえないです。

 

上に書いたルーツの件ですが、こうして書いていて思い出しました。先月バファローズを応援しに観戦に行ったのですが、僕は好きな球団の野球の応援歌がルーツかもしれません。ひたすらに大きな声で歌うという意味では。今シーズンはもう機会はなさそうですが、来年はもっとバファローズを応援に行こうと思います。

 

理由はわからないのでが、秋になるたびに少し満たされず、不安な気持ちになることが多いです。今年は夏の時点でそういう気持ちがあるので、なおさらそう思うでしょう。(すごく腰は重いが)新しい活動をちょっとしてみようかなと思ってます。うんと久しぶりただドラムを叩くもよし、それ以外の機会をつくるもよし。音楽に限ることではないんですが。他者の正論に心が摘まれてしまいそうなこともあるし、自分で摘みそうなこともある。ただ僕がどう思おうが誰も気にしちゃいない。それは本来幸運なことなんだと思います。

 

夏の終わりの夜は、哲学もどきをするにはいい時間です。

 

バンドと競馬とヒッチハイク

昨日はバンドメンバーと、お世話になっている四谷アウトブレイクの店長をはじめとする面々と東京ダービー前日の大井競馬場へ行きました。バンドの名前の由来が競走馬なのです。

ハイセイコー像に一礼の後、全レース予想。これは大変。しかし競馬場はじめての参加者の方も楽しまれたようでよかった。好天のナイター競馬。日本中に世界に飛ぶ飛行機の下の馬とお酒は格別です。

 

f:id:rollup:20180606224424j:plain

 

四谷アウトブレイクでは4月に企画ライブをやらせてもらったり、レコーディングをしてもらったり大変お世話になってます。6/26日にはメンバーがヒッチハイクで四谷を目指しそのままライブをするヒッチハイクギグに出演させていただきます!(僕は留守番)これまた面白そうなイベント。演者も楽しみな四谷です。

 

凍りついたら溶かすか割るか

寒い日が続き関東には雪も降り道路を凍らせてます。少しずつ溶けてはまた凍り、アスファルトも引き締まるのでしょうか。ザ・キーストンズは8日に初台WALL、10日に大塚MEETでライブをしました。2月はライブはお休み。春にまたお会いできればと思っています。むしろ会いに行きます。

 

今月は友達の結婚式に行きました。感想はいろいろとあるのですが、その友達のスピーチが自分の言葉でとても素晴らしかった。僕にはあんなに立派に話すことは無理だな。幸せな顔を見せてもらって嬉しいです。なんと言うか、ありがとうございます。その友達のお母上と少しお話させていただいたのですがその時少し心にくるものがありました。

 

そうそう、月初には初めて赤羽にお酒を飲みに行きました。絶対君は好きな街だと思う。と言われてたけどその通りでした。まだまだ奥深そうで次回も楽しみです。

四谷アウトブレイク献血イベントにバンドメンバーで行って、献血もしてもらいました。献血ちゃんと写真も撮ったよ。

うーん、書き出してみるとなんだか充実してる感じがする。当然だ。

 

1月30日、もういいだろう。明けましておめでとう。

 

全部大丈夫

f:id:rollup:20171125225139j:plain

今週は19、22、25日とザ・オールオーケーズのライブでした。そしてサポート期間満了です。約半年の間でしたが、色んな意味でクセの強いドラマーで色々大変だったと思いますが(笑)僕と仲良くしてくれてとても嬉しかったです。観てくれたみんなに、メンバーに、どうもありがとう。

 

全員ソングライターの中で、フロントマンであるハイヅカ君の楽曲に対して、密かなアプローチを楽しむのと、ライブ後に、ハイヅカ君が「カッコ良かった!」と言われてるのを見るのがサポートとして嬉しかったです。実際彼はカッコ良いですから。ベースのサトウ君も色々と活動を考えているらしく楽しみにしています。良いバンドマン達です。極めて稀なことかと思われる(そんなことない?)良好な関係のままサポート満了させてもらったのも彼等の人柄のおかげです。次は対バンしたいな。

 

 

ザ・キーストンズ、先週レコーディング完了。四谷アウトブレイクでお世話になりました。自分で言うのも何ですがとてもいい感じです。来月はライブ3本(12/8初台WALL 12/18四谷アウトブレイク 12/28大塚MEET)予定。イカしたホームページやTwitterなどで告知させていただくと思うのでよろしくお願いします!

 

 

オールオーケーズについてもっと長く書こうと思ってブログを開いたんだけど、やっぱりあまり多く語らずに胸にしまっておくことにします。

そうそう、12/13にザ・オールオーケーズは新宿JAMで真昼にワンマン公演とのこと。

真昼間ロックもオールオーケー!

 

 

聞いてもないのに

f:id:rollup:20170928222813j:plain

ネットワークで発信したいことって何なんだろう。「みんな茶化すのが好きなんだな」って思うことが多いけど、斜め上からのものが多すぎて賢くない僕にはピンとこない。SNSには選挙の時期になると聞いたこともない識者が、聞いてもないことを色々と教えてくる。それを便利と言うらしい。

 

不安や焦燥感、怒りや競う気持ち。僕にもそういうものがある。ありがたい。まだ何も終わらせるつもりがない証明として、また敗北しつつも生きのびる。そういった感情が自分を飲みそうになっても、それをSNSで呟くようなことはしない。曲にもしない。こんなにもネットワークの糸が絡みつく世界で、たった独りでいられる好機だ。

 

もうすぐG1シーズン。と言うことはことは加速度を上げて冬が来る。冬までに後ライブ何本かな。僕は画面の文字じゃなく丸腰。またみんな酔っ払ってしまって、聴いていなくても張り切って歌おう。イカしたMCは出来ないけど、僕は僕のバンドの音が好きだ。